外出先や電車の中などでも、スマートフォンからインターネットに接続して、ゲームや動画を楽しんでいる方を見かけることが多くなりました。しかし、動画の閲覧は特に多くの通信量を消費するので、所定の通信量を超えてしまうと、速度制限がかかってしまいます。そんな時に、「Wi-Fiが使えたらいいなあ」と思われる方も多いのではないでしょうか。

Wi-Fiと言っても、TVCMや広告を見ると、持ち運びできるものや、家の回線に取り付けるものなど様々な種類があり、どれを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。家電量販店などに行くと、「光回線」の導入を勧めるキャンペーンが行われていることも多いですが、そもそもWi-Fiと光回線の違いについてよくわからないという方もいらっしゃると思います。

このコラムでは、これからWi-Fiの導入を検討されている方のために、Wi-Fiと光回線の違いについて解説いたします。

Wi-Fiとは何か

一般的にWi-Fiという言葉は、「光回線のインターネット通信を無線の電波に変換したもの」と、「モバイルタイプのWi-Fiルーターを簡潔に呼称したもの」という二種類の意味で使用されていますが、本来は前者が正しい言葉の定義です。

自宅に光回線を引いただけでは、Wi-Fiを使うことができません。無線LANルーターという装置を使って、光回線によって受信するインターネット通信を、無線の電波に変換することが必要になります。

つまり、Wi-Fiとはインターネットに接続するための回線ではなく、無線接続を行い、より快適に使えるような環境を整えるシステムのことです。

ちなみにモバイルタイプのWi-Fiルーターは、光回線ではなくモバイル用の電波を無線の電波に変換して、スマートフォンなどをインターネットに接続します。モバイルルーター自体の呼称としてWi-Fiという言葉が使われることもありますが、本来の意味とは違うので、混同しないようにしましょう。

光回線とは何か

光回線とは光ファイバーケーブルを使用して、インターネット通信を行う回線の事です。Wi-Fi(無線LAN)ルーターがない場合は、ONUという装置をパソコンなどのデバイスにLANケーブルでつないでインターネットに接続します。

光回線は、受信した情報をWi-Fiルーターに通して無線の電波に変えない限り、LANケーブルを使った優先接続を行わなければインターネットに接続できません。LANケーブルを挿し込むLANポートが付いていないMacBook Airなどのパソコンをインターネットに繋げるには、変換アダプターなどが必要になります。当然、タブレットやスマートフォンはインターネットに接続できないということになります。

インターネットに接続できる端末の数が違う。

Wi-Fiルーターを通さずに光回線からインターネットに接続する場合、ONUにはLANポートが一箇所しかないため、一台の端末しか接続できません。Wi-Fiを利用すれば、複数の端末を同時に接続させることが可能になるため、大きなメリットがあります。

例えば、自宅にWi-Fiルーターを導入すれば、家族全員のスマートフォンでWi-Fiが利用可能になります。スマートフォンだけでなく。Wi-Fiに対応しているゲーム機やテレビ、プリンターなどの家電も同時に接続できます。ケーブルが不要なので、家の中がすっきり片付くのも良い点です。

有線と無線の通信速度の違い

光回線からLANケーブルで端末との優先接続を行う場合、本来の通信速度でインターネットに接続することが可能になるため、Wi-Fiルーターを通して無線接続を行うよりも、通信速度が速くなります。

無線接続の方が通信速度は落ちるといっても、大幅な差が出るわけではありませんが、それでも気になる人は、Wi-Fiルーターを購入する際に、通信速度の速い最新規格のものを選ぶと良いでしょう。

また、光回線によっても速度の違いがあります、独自の技術によって高速化を実現させている事業者もあるので、光回線を選ぶ際には参考にしてください。

ポケットWi-Fiと光回線の違い

ポケットWi-FiWi-Fiと光回線の違いについては上記の説明でお分かりいただけたと思いますが、Wi-Fiを利用するためにモバイルタイプのルーターを購入するか、自宅に光回線を導入するかどうかで迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バッテリー内蔵で持ち運びが可能なモバイルタイプのWi-Fiルーターは、Wi-Fi本来の意味と区別するために「ポケットWi-Fi」と呼ばれています。外出先でインターネットを利用される機会が多い方は、ポケットWi-Fiの方が便利に思われるかも知れません。

ポケットWi-Fiと光回線の大きな違いは工事の有無です。光回線を利用するには、回線を引くための工事が必要なので、開通するまでに数週間かかることもありますが、ポケットWi-Fiは端末を購入すればすぐに利用することが可能です。

また、光回線は基本的に通信量が無制限であるのに対して、ポケットWi-Fiは通信制限がある場合も多いです。ポケットWi-Fiの場合、バッテリーがなくなると使えないため、充電する手間も必要です。端末と距離が離れてしまうと電波が届かなくなるため、家族での利用にも向いていません。一人暮らしで他に利用される方がいない場合は、ポケットWi-Fiだけでも十分便利に使えるので、自分のニーズに合わせて選択されると良いでしょう。

まとめ

Wi-Fiと光回線の違いを説明するには、まずWi-Fiの定義を知ることが必要です。Wi-Fiとは本来、光回線のインターネット通信を無線の電波に変換したもののことを指します。そして光回線とは、光ファイバーを用いて光信号で情報の送受信を行なう通信回線のことです。

つまり、光回線がインターネット通信を行うための回線であるのに対して、Wi-Fiはその受信した情報を、無線LANルーターを介して無線の電波に変換するシステムであるということになります。

光回線から無線LANルーターを通さずにインターネットに接続するには、LANケーブルによる優先接続が必要です。通信速度は無線接続に比べて速いですが、LANポートのないスマートフォンや一部のパソコンなどのデバイスをインターネットに接続させることができません。

Wi-Fiを利用すれば複数のデバイスから同時にインターネットに接続できるため、家族全員で利用することが可能です。プリンターなどの家電に無線でデータを送ることも可能なので、置き場所にも困らなくなるというメリットもあります。

また、Wi-Fiを利用するには、光回線を導入する以外にポケットWi-Fiを購入するという方法もあります。工事が不要で、外出先での利用にも便利ですが、複数の端末での利用には向いていないというデメリットもあります。

Wi-Fiと光回線には上記のような違いがありますが、光回線を使ったインターネット通信を最大限に活用するなら、Wi-Fiを利用することをお勧めいたします。新規加入者にはお得なキャンペーンもたくさん行われているので、ぜひご検討ください。